通信制大学ってどんな講義があるの?

通信制大学で人気の講義の特徴を調べよう

通信制大学は、理系から文系まで興味のある分野を自宅で学習しやすいことから、学位や資格の取得や、仕事の問題解決などを目指す社会人にとって理想的な学習の手段となっています。特に、最近ではパソコンを使ってオンデマンド形式の講義を受けられる通信制大学も増えており、特に心理学や社会学、法学などの一般教養に関する学習にスムーズに取り組むことができます。また、年に数回程度実施されるスクーリングと呼ばれる対面形式の講義に参加をすることで、担当の教員に質問ができたり、様々な社会経験を持つ同級生と交流を深めたりすることも可能です。そのため、授業料や学部学科だけでなく、通信制大学の講義のスタイルにもこだわって入学先を選ぶこともおすすめです。

資格取得を目指す人にオススメの通信制大学

通信制大学の中でも、資格取得のための専門的なカリキュラムが設けられているところは、特定の分野の実務経験を持つ社会人におすすめです。例えば、教員免許や介護福祉士、簿記などの資格取得を目指す学生へのサポートがしっかりとしている通信制大学では、メールやSNSなどで一人ひとりの学生の相談対応が行われることもあります。また、取得した単位によって授業料が決まるシステムが採用されている通信制大学も増えており、仕事や家事のために最短で卒業が難しい人でも、授業料の負担を最小限に抑えることができます。その他、大学以外での社会経験が豊富な教員が多く在籍している通信制大学で学ぶことで、現場で役立つ知識や技術を効果的に習得することも可能です。

小学校教員免許を通信で取得するには文科省の課程認定を受けている大学、もしくは短期大学に所属して学習し、所定の単位を取得する必要があります。