通信制大学、どうやって選べばいい?

興味のあることを学べる通信制大学を選ぼう

通信制大学は、社会人が興味のある分野を学びやすい環境が整っており、パソコンやテキストなどを用いて都合の良い時間に学習が進められるというメリットがあります。特に、仕事に役立つ学習ができる通信制大学を選びたい時には、カリキュラムや授業の内容、教員の研究テーマなどに目を向けることが大切です。また、通信制大学の中には、定期的にスクーリングの授業が行われるところもあり、実際に担当の教員に質問をしたり、様々な年代の学生と交流を深めたりするうえで大きなメリットがあります。もしも、通信制大学の卒業までの学習の取り組み方について詳しく知りたい時には、入学説明会に参加したり、願書の内容を確認したりすると良いでしょう。

資格の取得を目指せる通信制大学のメリット

通信制大学を選ぶ基準は人それぞれですが、医療や福祉、教育などの資格を取得するためのサポートがしっかりとしているところは、多くの社会人から人気があります。特に、実習のサポートが手厚い通信制大学を選択することで、短期間のうちに必要な単位を取得できるため、卒業生や在学生の体験談を参考にしつつ、慎重に入学先を決めることがポイントです。また、社会経験が豊富な教員が多く在籍している通信制大学では、実務に即した内容の授業を受けられるため、大学で学んだ知識を職場で役立てたい人におすすめです。なお、カリキュラムやコースによって、取得可能な資格の種類が異なるため、なるべくニーズに合ったところを見つけることが大事です。

国語の教員免許を通信教育でとることができます。教員免許を取得できる通信大学を利用すれば、中学1種と高校1種の教員免許が取得できます。